居宅介護支援とは

要介護申請の代行や認定後に居宅で介護を受けようとする要介護者や要支援者及びその家族状況、生活環境、要望に応じたケアプランを作成して適切な居宅サービスが提供できるように他のサービス事業者との連絡調整を行うなどして在宅での介護を支援することを言います。

居宅介護支援 イラスト

介護保険サービスを受けることができる方

・満65歳以上の方(第1号被保険者)

但し、認定審査会において要介護(1~5)及び要支援(1~2)と認定された方

・満40歳~64歳の方(第2号被保険者)で下記16種類の病気をお持ちの方

*筋萎縮性側索硬化症(ALS)*末期がん*脳血管疾患*後縦靭帯骨化症*進行性核上性麻痺
*骨折を伴う骨粗しょう症*大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病*多系統委縮症
*初老期における認知症*閉塞性動脈硬化症*脊髄小脳変性症*関節リウマチ*脊柱管狭窄症
*慢性閉塞性肺疾患*早老症*両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
*糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症。

*サービスを受ける場合の手順

介護保険サービスの申請から始まります。

居宅介護支援事業者(当社)が地域包括支援センターへ申請の代行手続きを行います。(手続き費用は無料です)

主治医の意見書の作成

かかりつけの病院へ行って主治医の先生に意見書を作成していただきます。作成費用は区市町村が負担いたします。作成された意見書は病院から区市町村へ直接送付されます。

介護認定調査の連絡

介護認定調査を行う調査員から自宅に認定調査の日程を決める電話があります。

介護認定調査の調査委員が自宅に訪問いたします。

介護認定調査員が心身の状況や日常の生活、家族・住環境などについて聞き取り調査を行います。

介護認定調査結果の通知

介護認定調査結果の通知が郵送されます。(申請してから30日以内)

認定された場合は(要介護1~5、要支援1~2)介護度に従って限度額以内のサービスを受けることができます。


居宅介護支援事業所(当社)と契約を締結してからケアプランを作成いたします。


ケアプランに位置づけられた各居宅サービスが開始されます。


居宅サービスの利用限度額(1か月)

要介護1 16692単位
要介護2 19616単位
要介護3 26931単位
要介護4 30806単位
要介護5 36065単位

*自己負担は利用した金額の1割です。

モニタリング

ケアマネージャーが1か月1回以上ご自宅に訪問して身体状況の変化及びご家族意向等を聞いて必要があればケアプランの変更を行います。

お問い合わせ先 (電話受付は年中無休です)
03-3598-6310 担当 清水

株式会社しらゆり


大きな地図で見る

〒115-0044
東京都北区赤羽南
1丁目2番6号 北都ビル3階

TEL 03-3598-6310
FAX 03-3598-6320

PAGE TOP